アフリカ旅行

アフリカマラウイ共和国観光旅行記 首都リロングウェ

だいぶ昔の話になってしまうのですが、アフリカ・マラウイ共和国へ旅行した話を書いておこうと思います

1994年の9月下旬のことですから、もう24年前になります

当時も現在も日本人観光客にはなじみが薄いようで、あまり情報がないのですけれど、マラウイ湖やナショナルパークなどのリゾート地があり、ヨーロッパからの観光客が多い国です

マラウイ共和国は、イギリス連邦の国ですが、1964年に独立してから以降、アフリカでは珍しく内戦や対外戦争を経験していません

“The Warm Heart of Africa”(アフリカの温かい心)とよばれる”アフリカの田舎”です

マラウイ共和国は、当時も今も世界でも最も貧しい所得が低い国で、2017年の世界の一人当たりのGDPランキングでも対象190か国中、下から3番目の188位の国で325米ドル、189位がブルンジ、190位が南スーダンです

ちなみに日本は25位で38448米ドルですから、日本の100分の1以下です

1994年というと、マラウイ共和国では、複数政党制が認められて、複数政党制下での大統領選挙が行われた年で若干政情的に不安なときでもあったのですが、航空券を自分で手配する個人手配旅行で妻と二人で行きました まあ新婚旅行です

当時は、インターネット予約サイトなんてありませんから、宿・ホテルは事前手配はせず、現地で飛び込みです

日本人は観光ではあまり行かないマラウイでしたが、JICAや青年海外協力隊、そして現地でのビジネスで行っている人はいました

現地ではたいへん皆さんにお世話になりました とても感謝しています

今だと航空券も宿もインターネット予約で行けますね 航空券+ホテルのセットにすれば割引になってお得にもなりますよね

マラウイ共和国の地図・気候

マラウイ共和国はアフリカ東海岸側マラウイ湖沿いの高原地帯が国土のほとんどを占めています

マラウイ湖はアフリカ第3位の広さの湖ですから大きいですよ

高原地帯は年間を通じて涼しくすごしやすい気候です

季節は11月から4月までが雨季、5月から10月までが乾季ですが、高原にあるため最高気温が30度までいかないようです

マラウイ共和国 ビザについて

マラウイ共和国に行くにはビザが必要です

在日本マラウイ共和国大使館 領事情報

ビザ申し込みについてはマラウイ大使館のホームページをご覧ください

アフリカ・マラウイ共和国へのアクセス・行き方

マラウイへのアクセスの主な空路の玄関口は、首都リロングウェのリロングウェ国際空港(LLW)です

今のマラウイへの航路は以下のような航路があります

・南アフリカのヨハネスブルグを経由する南廻りルート
南アフリカ航空、キャセイ航空、シンガポール航空等でヨハネスブルクに入り、そこから南アフリカ航空等が毎日運航

・エチオピアのアディスアベバを経由するアフリカルート
エチオピア航空 アディスアベバ経由

・タイ バンコクを経由するアジアルート
バンコクよりケニア航空 ナイロビ経由が毎日運航
バンコクよりエチオピア航空 アディスアベバ経由が毎日運航

・マラウイ最大の都市ブランタイヤへ入るルート
ブランタイヤへは、ヨハネスブルク及びアディスアベバから毎日フライトがあるそうです

 

当時は、東京成田からマレーシアクアラルンプールへ行き一泊し、クアラルンプールからヨハネスブルグでトランジット、リロングウェへ入るというルートで行きました

アジア経由のヨハネスブルグルートですね

クアラルンプールには16時半ぐらいについたのですが、空港から市内のマンダリンホテルへタクシーで行き、空いている部屋があるか聞いて泊まりました

その日はクアラルンプールの市内のマーケットや屋台、中華料理店、寺院などへ行ってます

マレーシアクアラルンプールマンダリンホテルからマレーシアクアラルンプールマンダリンホテルから

一泊して、翌日も一日中観光する時間があって、National ZooやNational Musiumや市内のモスクやマーケットに行く時間があり、夜に空港に行っています

クアラルンプールからヨハネスブルグへ飛んでいます

マレーシア航空だったと思うのですが、今探してもマレーシア航空の便も、クアラルンプールからヨハネスブルグへの直行便もないですようですね

ヨハネスブルグでは空港内でシャワーを使ったりしながら時間をつぶしてから、サウスアフリカ航空のボーイング737という小型の飛行機でリロングウェへ向かっています

ヨハネスブルグからリロングウェは2時間ぐらいのフライト時間でした

地面は緑が少なくて、サバンナって感じですよね

南アフリカヨハネスブルグからマラウイリロングウェへ南アフリカヨハネスブルグからマラウイリロングウェへ

アフリカ・マラウイ リロングウェのホテル宿泊

空港からリロングウェホテルへ車で移動して宿泊しています

マラウイの中ではプールもついている高級リゾートホテルだったようです

ちょっと記録が残っていないのですが、当時で1泊6000円ぐらいだったんじゃないかなと思います

ボーイが案内してくれた部屋が暗かったので部屋を変えてほしいといって、庭に面した明るい部屋に変えてもらっています

マラウイ リロングウェホテル プールマラウイ リロングウェホテル プール

今、リロングウェホテルで探してみても見つからないので、なんていう名前になっているのかわからないのですが、低層のリゾートホテルっぽくてよいホテルでした、9月の終わりごろは乾季で、プールに入れるぐらいには暖かくて、ジャカランダがきれいに咲いている時期でした

ホテル内に大きなジャカランダの木があった写真が残っています

カメラがフィルムですから、今みたいにデジカメで写真を撮りまくったりしていないので、そんなに写真が多くないのですよね

朝食はセルフサービスでしたが、パンやグレープフルーツジュースや両面焼きの目玉焼きやソーセージなどなどをゆっくりと

ゆっくりリゾートホテルライフを過ごしている欧州からの観光の人たちがいます

マラウイ リロングウェホテル 朝食マラウイ リロングウェホテル 朝食

部屋を変えてもらったからかなんなのかわからないですが、チェックアウトの時にフロントで前日に書いたVISAのシートが見つからないからもう一度書いてくれと言われたのですが、2重で請求されては困るのでよく探してくれと言って探してもらったのでした

探したらありました けっこう適当でした

リロングウェ周辺にもけっこうホテルがあるようですね

星つきのホテルでも今でもそんなに高くないと思います

リロングウェには、日本からの青年海外協力隊のドミトリーがあったのですが、現地にいる日本人が少ないこともあって、ドミトリーにいる青年海外協力隊の方や、国連関係の方や、JICAの方にたいへんお世話になりました

行ったその日の、近くの韓国料理屋さんに連れて行ってもらって歓迎してもらったり、観光に行くのにルートを教えてもらったり、車で送ってもらったり

実は、新婚旅行なのに男女の居住スペースが別々に分かれているドミトリーに泊めてもらったりもしてます

当時、ドミトリーの宿泊料がホテルの100分の1でしたから

外務省の情報によると2016年で日本人在留邦人は170名しかいないです

それでも、現地の人たちには日本人だということがわかるようで何度か日本語の単語で話しかけられましたので、日本人が貢献していたのでしょうね

日本人が少ないところに行きたい人にはいい国だと思います

日本人は少ないけれども、リゾート地です

マラウイ共和国でビール カールスバーグ

マラウイにはビールのカールスバーグの工場があったんじゃなかったかと記憶しています

瓶ビールで小ビンのサイズだったと思うのですが、1本30円ぐらいであちこちでカールスバーグばかり飲んでいました

コーラが20円ぐらいだったのかな?

ドミトリーにもストックがあってビールを飲んでいたし、観光地へ行ったときのお店でもビールを買って飲んで、レストランでもビール、なにせ高原地帯の乾季で気温があがっても湿気は低かったですからビールを飲むわけです

マラウイ旅行記の関連記事

マラウイ共和国とリロングウェ
[clink url=”https://boccitabi.net/2018/10/18/%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%82%A4%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BDin%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E8%A6%B3%E5%85%89%E6%97%85%E8%A1%8C%E8%A8%98/”]

デッザとモザンピーク国境
[clink url=”https://boccitabi.net/2018/10/19/%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%82%A4%E5%9C%9F%E7%94%A3%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%B6%E7%84%BC%E3%81%8D%E3%81%A8%E3%83%A2%E3%82%B6%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%AF%E5%9B%BD%E5%A2%83%E6%97%85%E8%A1%8C/”]

マラウイ湖国立公園 モンキーベイとケープマクレア
[clink url=”https://boccitabi.net/2018/10/19/%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%82%A4%E6%B9%96%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%99%E3%82%A4%E3%81%8B%E3%82%89%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%A2%E6%97%85%E8%A1%8C/”]

マラウイ湖リゾート ンコポラ
[clink url=”https://boccitabi.net/2018/10/19/%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%9D%E3%83%A9%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%B8%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%81%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%82%A4%E6%B9%96%E3%83%AA%E3%82%BE%E3%83%BC/”]

リウォンデナショナルパーク
[clink url=”https://boccitabi.net/2018/10/19/%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%82%A4%E6%97%85%E8%A1%8C%E8%A8%98/”]

マラウイの治安

マラウイは内戦や対外戦争が無かったこともあり、アフリカの中では治安は良いほうのようです

ドミトリーにはしっかりした門があったり、門を人が見張っていたり、暗くなったら外にでないようにと言われたりということはありましたが、日中に街や観光地を巡る分には特に問題はないようでした

今のあまり変わっていなのかな、特に問題があるという話は聞かないし、見ないですね

マラウイの国旗

マラウイの国旗マラウイの国旗
マラウイ・高級大型国旗セット【90×135cm国旗・3mポー
商品名:マラウイ・高級大型国旗セット【90×135cm国旗・3mポー
★【送料無料】世界の国旗・軽量アルミ合金ポール・スタンド3点セット★
価格 27,000円 レビュー数0
ショップ名:トスパ世界の国旗販売ショップ
マラウイ・高級大型国旗セット【90×135cm国旗・3mポーマラウイ・高級大型国旗セット【90×135cm国旗・3mポー
マラウイ」をさがす
マラウイマラウイマラウイ
楽天ウェブサービスセンター

マラウイの特産品

マラウイ産CTC紅茶 カブジ茶園 BP1 500g 【あす楽
商品名:マラウイ産CTC紅茶 カブジ茶園 BP1 500g 【あす楽価格 1,944円 レビュー数1
ショップ名:紅茶&スイーツのセレクティー
マラウイ産CTC紅茶 カブジ茶園 BP1 500g 【あす楽マラウイ産CTC紅茶 カブジ茶園 BP1 500g 【あす楽
マラウイ」をさがす
マラウイマラウイマラウイ
楽天ウェブサービスセンター

マラウイの言語

公用語は英語です 国語はチェワ語

イギリス連邦ということですから、英語はだいたい通じていました

マラウイの通貨

マラウイの通貨はマラウイクワチャ MWK

補助通貨はタンバラで、1マラウイ・クワチャ=100タンバラということですが、ほとんど見かけませんでした

1マラウイクワチャは今0.15円だそうです

24年前は1クワチャ10円ぐらいだったんじゃないかな

ビールが3クワチャで30円とか、グレンの島あそびが100クワチャで1000円とか計算していたから

24年もたてばものの値段は上がっているんだろうと思うのです

マラウイの宗教

8割弱ぐらいはキリスト教徒とのことです プロテスタントが多いのだとか

イスラム教徒が1割強ということです

マラウイの人口と面積

人口は1700万人ちょっと、面積は日本の3分の1くらいの11.8万平方キロメートル

東京圏(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)の人口は3500万人を超えていて、東京の人口は1400万人ぐらいるですから、東京圏の人口の半分くらい、東京よりは少し多いぐらいですね

マラウイ 地球の歩き方 東アフリカ

昔も今も参考になります マラウイは東アフリカ篇に入ってます

地球の歩き方(E 09(2016〜2017年) 東アフリカ
商品名:地球の歩き方(E 09(2016〜2017年) 東アフリカ
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
価格 2,052円 レビュー数1
ショップ名:楽天ブックス
地球の歩き方(E 09(2016〜2017年) 東アフリカ 地球の歩き方(E 09(2016〜2017年) 東アフリカ
地球の歩き方 東アフリカ」をさがす
地球の歩き方 東アフリカ地球の歩き方 東アフリカ地球の歩き方 東アフリカ
楽天ウェブサービスセンター
ABOUT ME
ひろあき@ぼっちたび
気ままな一人旅が好きです ふらっと行った先をご紹介します Twitter Instagram Youtube Tabelog