日帰り温泉

新海花亭いずみ 土肥温泉で日帰り温泉

2月9日 満開の土肥桜をみて、土肥の新鮮な魚を食べた後は、温泉です

土肥温泉に来たのは、温泉に入るためにきたのです

日帰り入浴できる新海花亭いずみで日帰り温泉に入っていくことにしまました

西伊豆土肥の温泉ホテルおすすめプラン

新海花亭いずみ 土肥温泉で日帰り温泉入浴

土肥温泉に来たからには温泉に入っていきましょう

土肥金山に寄った後、土肥金山から歩いて移動です

このあたりには何件かホテルがありましたが、駿河湾フェリー乗り場近くの新海花亭いずみへ行きました

土肥の海岸、土肥海水浴場沿いの道には温泉ホテルが並んでいます

西伊豆土肥温泉土肥海岸西伊豆土肥温泉土肥海岸

土肥の海岸沿いに大きなホテルがいくつもならんでいます

このホテルの前を歩いていったのですが通り過ぎ、フェリー乗り場近くの高台まで行きました

土肥海水浴場沿い土肥温泉ホテル土肥海水浴場沿い土肥温泉ホテル

新海花亭いずみ 土肥温泉 駿河湾フェリー乗り場のすぐ近く

海水浴場からちょっと坂を上ったところ、駿河湾フェリーのフェリー乗り場の看板の前に新海花亭いずみがあります

フェリー乗り場が目印になります

駿河湾フェリー土肥港フェリー乗り場駿河湾フェリー土肥港フェリー乗り場

新海花亭いずみは、ちょっと高台の山沿いにあります

土肥温泉新海花亭いずみ土肥温泉新海花亭いずみ



新海花亭いずみ フロントスタッフがとても親切でした

15時前についたのですが、オープンは15時からとのことでした

ロビーで待とうかなと思ったのですが、フロントの方々が対応してくれて、ちょっと早く入れてもらえました

お風呂の準備ができているかどうか見に行ってもくれました

たった一人の飛び込みの宿泊でもない客ですが、あたたかく迎えていただけました

今度はぜひ宿泊もしたいと思います

夕食もよさそうですしね

新海花亭いずみのフロント前の様子

新海花亭いずみフロント新海花亭いずみフロント

お風呂の準備が整っているか見に行ってくれていますので、ちょっと待ちます

ミシュラン料理人による地産会席 新海花亭いずみ

こちら新海花亭いずみ、泊まるのもいいですね

夕食を食べてみたい

新海花亭いずみ宿泊おすすめプラン

ミシュラン料理人による地産会席とのこと

土肥温泉のミシュラン料理人のお宿、ホテル 泊まって温泉入って、おいしいもの食べたいですね



名称:【ミシュラン料理人による地産会席 新海花亭いずみ】
ミシュラン料理人による地産会席 新海花亭いずみ
特徴 ミシュランで4年連続星を獲得した総料理長・石井健康の創作会席。駿河湾一望の客室露天風呂は源泉掛け流し
口コミ・評判 329件 平均点数 4.59
[ひとりあたり最低料金] 7,400円~
[住所]   静岡県伊豆市土肥2914-6
[アクセス] 東名沼津ICよりR136にて80分。 伊豆箱根鉄道線「修善寺駅」よりバスにて50分、土肥港下車、徒歩直
[最寄り駅] 修善寺
詳細情報はこちら
格安予約だんぜんお得!!
Yahoo!クーポンるるぶクーポン楽天クーポンJTBクーポンホテル最安値検索航空券最安値検索

ホテル・旅館 土肥」おすすめ・口コミ

楽天ウェブサービスセンター

新海花亭いずみ 温泉 露天風呂 海を眺めながら

新海花亭いずみのお風呂は、内風呂と露天風呂がありました

お客さんはほかにはいませんでした

独り占め、貸し切り状態です

土肥の海岸が一望できるお風呂です

温泉の成分表

土肥温泉新海花亭いずみの温泉土肥温泉新海花亭いずみの温泉

温泉の成分が固まってますね

カルシウム・ナトリウム・硫酸塩・塩化物温泉露天風呂もあります

露天風呂は内風呂の窓の外にあります

西伊豆土肥の夕陽が眺められそうですね

3時なので、夕陽にはまだ早かったです

新海花亭いずみ露天風呂新海花亭いずみ露天風呂

シャンプー、リンス、ボディーソープ付き

髭剃りとブラシとタオルはフロントで渡してくれましたお風呂に入った後は牛乳を飲みましょう

土肥温泉新海花亭いずみ牛乳土肥温泉新海花亭いずみ牛乳

土肥の大木乳業 土肥の地元の牛の牛乳なのかな?

土肥温泉大木乳業土肥温泉大木乳業

春の土肥桜の咲く土肥温泉で、ゆっくり一人で温泉を独占して満喫です

今度、土肥へ泊まりに来るなら、新海花亭いずみにしようと思います

温泉に入ったあとは、ロビーでくつろいで、フェリー待ちです

バスで来た道を戻るのもなんなんで、駿河湾フェリーで清水に行くことにしたんです

駿河湾フェリーといえば、フィッシュストーリーですね

伊坂幸太郎原作の10年前の映画です

多部未華子、伊藤淳史、森山未來、大森南朋、濱田岳なんかが出てます

駿河湾フェリーの船上での多部未華子や森山未來のシーンを思い出しながら、フェリーで清水へ向かいました