ひとり旅 日光

奥日光ひとり旅 日光湯元温泉の朝の散策が気持ちいい

日光湯元温泉

日光・奥日光のひとり旅

宿泊は奥日光湯元温泉 湯守釜屋でした

温泉にゆっくりつかった翌朝

奥日光湯元温泉の温泉街の周辺をしばらく歩いてみました

山、湖、滝、湿原、高原、とてもきれいな自然の中にあります

奥日光ひとり旅 奥日光湯元温泉 朝の散策

奥日光湯元温泉の足湯 あんよのゆ

早朝の日光湯元温泉街 朝の散歩です

とはいっても日光湯元温泉街にはお店はほとんどないです

8月ですが、標高1400mを超えているのでひんやりした朝です

朝はやっていませんでしたが、足湯があります

あんよのゆ

日光湯元温泉あんよのゆ

白濁したにごり湯でこちらも宿の温泉同様よさそうなお湯です

日光湯元温泉あんよのゆ

奥日光湯元温泉 日光山温泉寺

そして、次に、日光湯元温泉 日光山温泉寺

朝の温泉街を温泉寺へ歩いてきました
温泉街の北側 山を背にしたところにあります

日光湯元温泉温泉寺入口

湯元温泉は788年に勝道上人によって発見された薬師湯がはじまりだそうです

日光湯元温泉温泉寺

入口から温泉寺まで灯篭が並んでいます
開湯1230年というのぼりがあるのですけれど、788年とは合わないしどこの開湯なんでしょう?

日光湯元温泉温泉寺灯篭

温泉寺の本堂です
温泉寺で入浴する際の入口は、本堂の手前左側の入口のようです

日光湯元温泉温泉寺

入浴する際は、こちらでブザーを押します 朝は9時からですね

日曜日には写経もやっているとのこと

日光湯元温泉温泉寺での入浴

うしろの山は温泉ヶ岳 「ゆせん」

温泉寺の起源も788年のようですね

そうか、788年から1230年経っているんですね 2018年だから開湯してから1230年ってことです

日光湯元温泉温泉寺

奥日光湯元温泉 湯ノ平湿原と湯元温泉源泉

温泉寺の右側にあるのが湯ノ平湿原です

湿原の中を歩いて通ることができ、湯元温泉の源泉にも通じています

日光湯元温泉湯ノ平湿原

遊歩道がありますので、その上を歩いて行きます

湿地帯に鴨とかいましたが、案内図に書いてありましたがまわりに鹿などの動物もいるようです

日光湯元温泉湯ノ平湿原

源泉が見えてきます

湯けむりがたっています

日光湯元温泉源泉

源泉群の中を歩いて通ることができますが、源泉を覗かないように

日光湯元温泉源泉

有毒ガスが出ています

日光湯元温泉源泉

源泉の奥には、自然歩道の入口がありますので、ここから登っていくこともできるようです

奥日光自然歩道

湯元の温泉寺の奥から奥日光自然歩道に行けば、原生林と切込湖・刈込湖へ、そして男体山麓の戦場ヶ原へハイキングできます

奥日光を国立公園をまわるのに、日光湯元温泉は白濁した温泉にも入れて、ハイキングの拠点にもなって、とてもいいところ

奥日光 日光湯元温泉は世界遺産 日光観光にも便利です

奥日光自然歩道奥日光自然歩道

奥日光湯元温泉 温泉神社

温泉寺につづいて、温泉神社へ
湯守釜屋のほうに戻ってきているのですが、温泉神社は湯守釜屋のすぐ近くです

日光湯元温泉温泉神社

こちらも勝道上人が786年に創建されたそうです

788年ではないのかな?

2年違いますね

日光湯元温泉温泉神社

神社の階段をのぼって真ん中ぐらいまでいったときに、右手からガサガサという音がして、シカが飛び出てきました

急に飛び出してきて駆け抜けていったので、残念ながら写真にとるヒマはありませんでしたけれど、すぐ近くに鹿がいるんですね

日光湯元温泉温泉神社

温泉神社です

日光湯元温泉温泉神社

日光湯元温泉温泉神社の御朱印は、中禅寺湖の日光ニ荒山神社中宮祠社務所でいただけるそうです

日光湯元温泉温泉神社の御朱印日光湯元温泉温泉神社の御朱印

神社から見た山々

山間に温泉があることがよくわかります

奥日光の山々に囲まれた中に、日光湯元温泉はあります

日光湯元温泉温泉神社

近くにあった河原湯

日光湯元温泉河原湯

かなり熱いみたい 温泉ガスに気をつけて

日光湯元温泉河原湯

奥日光の高原散策 湯ノ湖 湯滝 戦場ヶ原

奥日光湯元温泉 湯ノ湖湖畔

すずしくて、すがすがしい朝の空気のなか、山に囲まれた湯ノ湖湖畔を歩きます

朝早くから出てきている人もちらほら

今日は、湯ノ湖の西側を歩いて、湯の滝、戦場ヶ原へ行く予定です

朝はちょっと湖畔を歩いて温泉街のほうへ入っていきます

日光湯元温泉湯ノ湖

湯ノ湖には温泉が沸いています

白くなっていますね

日光湯元温泉湯ノ湖

朝の湯ノ湖

山に朝日があたって、湖面に山が映っています

日光湯元温泉湯ノ湖

湯ノ湖湖畔の歩道を歩いて行きます

山がきれいです

紅葉の時期には赤や黄色に染まるんでしょうね

日光湯元温泉湯ノ湖日光湯元温泉湯ノ湖
日光湯元温泉湯ノ湖日光湯元温泉湯ノ湖

兎島の先、まだ日が明けきっていません

湯ノ湖は野鳥観察もよさそうですね

日光湯元温泉湯ノ湖

湯ノ湖畔を歩いていけば、湯滝も近いです

奥日光湯ノ湖湖畔奥日光湯ノ湖湖畔

奥日光湯元温泉 湯滝

湯滝まで行きました

滝の上の少しだけ樹々が赤く色づいています

8月ですが、もう秋が迫っていました

奥日光湯滝

奥日光湯元温泉から戦場ヶ原

湯滝からさらに樹々の中を先へ歩いて行くと、戦場ヶ原です

広大な湿原と奥日光のシンボル男体山がきれいなところ

高山植物や野鳥、歩いて竜頭の滝まで4時間ほど

遊歩道が整備されていて、湿原の中を歩く上り下りの少ない快適なハイキングコースです

奥日光戦場ヶ原奥日光戦場ヶ原

日光、中禅寺湖、奥日光と、見どころの多いところ

奥日光 日光湯元温泉は、山の奥のほうにあるので、日光よりも比較的すいていて、宿泊もリーズナブルなところがあると思います

奥にあるとは言え、日光・中禅寺湖を回るにはそれほど不便なところでもないと思います

白濁したいい温泉、自然に囲まれた環境、観光拠点として便利でリーズナブルですね

日光湯元温泉スキー場 キャンプ場

日光湯元温泉スキー場に来ました

スキー場が夏季はキャンプ場になっています

広々としたキャンプ場にテントが張られています

日光湯元温泉スキー場キャンプ場

スキー場のロッジの前にも

日光湯元温泉スキー場キャンプ場

日光湯元温泉スキー場の第一ゲレンデがキャンプ場になっているようです

日光湯元温泉スキー場キャンプ場

ゲレンデ

山に囲まれて、10月は紅葉できれいでしょうね

寒いかもしれないけれど

日光湯元温泉スキー場キャンプ場

奥日光湯元温泉 日光湯元ビジターセンター

日光湯元ビジターセンター

奥日光の自然や動物などの情報ならこちらのビジターセンター

まだ朝早かったので中に入ることはできませんでした

日光湯元温泉ビジターハウス

プレミアム日光鬼怒川東武フリーパスがお得で便利

奥日光ひとり度にプレミアム日光鬼怒川東武フリーパス

今回の日光のひとり旅は、プレミアム日光鬼怒川東武フリーパスを使っています

プレミアム日光鬼怒川東武フリーパスは東武沿線の駅の窓口で購入できます

出発の前日に東武鉄道の流山おおたかの森駅の窓口で購入しました

プレミアム日光鬼怒川フリーパスプレミアム日光鬼怒川フリーパス

日光までの間は特急を利用できます

日光の東照宮などをまわり、日光から鬼怒川温泉に移動、鬼怒川温泉のホテルに宿泊、そして、鬼怒川の龍王峡、今市で松月氷室の天然氷かき氷、明知平展望台、華厳の滝・中禅寺湖と回ってきて、奥日光まできて日光湯元温泉で宿泊しました

東武鉄道と路線バス、そして明知平のロープウェイ、中禅寺湖の遊覧船が利用できます

日光から明智平、明智平から華厳の滝・中禅寺湖、中禅寺湖からは日光湯元温泉も路線バスで移動しています

路線バスの乗り継ぎです

奥日光のさらに奥まったところにあるのが日光湯元温泉ですが、ここまで来てもプレミアム日光鬼怒川東武フリーパスのバス乗り放題の範囲内に入っています

日光二荒山神社前からバスに乗って、戦場ヶ原を通り、湯ノ湖を経由して、バスに乗っている時間は30分ぐらいでした

プレミアム日光鬼怒川東武フリーパスが大活躍して、電車と路線バスで一人旅でした

奥日光ひとり旅 宿泊は湯守釜屋でした

奥日光のひとり旅

宿泊したのはこちら

奥日光湯元温泉 湯守釜屋でした

とてもいいお湯の老舗温泉旅館です

奥日光湯本温泉湯守釜屋
奥日光湯元温泉 湯守釜屋 奥日光のお湯がいい老舗旅館奥日光湯元温泉 湯守釜屋 奥日光のお湯がいい老舗旅館...