鎌倉の紅葉 塩害の影響は?


 

大きな台風がやってきて、あちこちで樹木への塩害が発生しているようですね

2018年10月12日 鎌倉の様子を見てきました

塩害の影響はあって枯れているところはあるものの場所によるようです

鎌倉市も枯れているところもあるけれども紅葉スポットはたくさんあるから紅葉状況をみて観光にきてほしいと言っているとのことです

北鎌倉の紅葉の塩害 紅葉はどうかな?

鎌倉の紅葉はどうなるのかなと思って、ちょっと行ってみました

北鎌倉、山之内から、鎌倉の中心を通り、大町のほうへ抜け、その後、長谷、大仏坂、常盤、梶原と回ってみました

まずは、北鎌倉円覚寺の様子

正面の木が部分的に赤くなってますね

北鎌倉円覚寺

北鎌倉円覚寺

拡大してみたところですが、こんな感じです

こちらは赤茶けたように見えますが、塩害の影響のような変色のしかたですね

円覚寺の木 拡大

円覚寺の木 拡大

去年の10月末のこの場所の写真だとこんな感じになってました

アングルがちょっと違いますけれど

北条時宗公廟所の柱の上の部分の様子です

今年は茶色になってしまっているようです

20171031円覚寺

20171031円覚寺

このあたりの茶色になっている木々は塩害の影響出ているのかなという感じです

手前側が濃い赤茶色になっているのですが、これも塩害なのか?

北鎌倉円覚寺

北鎌倉円覚寺

次に明月院の様子です こちらは今年です

明月院

明月院

これは去年の10月31日 明月院はそんなに変わった感じはしないですね

20171031明月院

20171031明月院

明月院から少し今泉のほうへ登って山の様子を見てみました

このあたりは茶色っぽいかな?

でもこういう色しているところは去年のこの時期もありましたね

明月院の裏

明月院の裏

こっちは緑が多い

明月院の裏

明月院の裏

そして巨福路坂の上のほうの青梅青天社へ行ってみましたがまだ緑色でした

巨福路坂青梅青天社

巨福路坂青梅青天社

こちらは2006年12月7日 12月になるとこれくらい紅葉します

鎌倉の紅葉の見ごろは例年ですと、11月下旬から12月前半ぐらいですから

20061207巨福路坂

20061207巨福路坂

今日の青梅青天社の下あたりの様子はこんな感じでした

まあ、緑なのですが部分的に茶色

巨福路坂

巨福路坂

鶴岡八幡宮の横の里のうどんの近くの木 やっぱり茶色ところがある

里のうどん付近

里のうどん付近

鶴岡八幡宮横の道路沿いの樹々は特に変わりないようでした

鶴岡八幡宮横

鶴岡八幡宮横

鎌倉市街の塩害の紅葉への影響はどうでしょう

比企谷の妙本寺に行ってみました

ちょっと色が変わった木があります

妙本寺

妙本寺

緑の木と茶色の木

妙本寺

妙本寺

大町のほうに向かいましたので、八坂神社

八坂神社

八坂神社

そして、大町から西へずっと向かい長谷寺へ

長谷のほうは観光客が多いですね

鎌倉はバスツアーで団体で来る人も多いですからね

長谷や高徳院は特に人気が高い

涼しくなって歩きやすい時期になりましたね

紅葉までまだ日がありますが、多くの人が訪れています

紅くなってなくても見どころは多いですから

このあたり塩害はそんなに影響は感じないですね

長谷寺

長谷寺

そして高徳院 鎌倉大仏です

中のほうはよく見えません

高徳院鎌倉大仏

高徳院鎌倉大仏

大仏坂のトンネル周辺

このあたりは少し色が変わっているところがあります

大仏坂トンネル

大仏坂トンネル

大仏坂トンネルを抜けて、常盤のほうへ来ました

八雲神社です

神社の木の色が変わっています

常盤八雲神社

常盤八雲神社

場所により、部分部分で色が変わっているところがあるのですが、この時期に茶色になっているところは塩害の影響のようです

緑の木と色づいている木が混ざっていますが、緑の部分はこれから赤や黄色になる木が出てくるのかなと思います

イチョウが黄色ではなくて葉の先が茶色になっているところがあるものもあって、これは塩害の影響のようですが、緑のままのところもあります

まだ一か月以上先のことだと思うのですが、塩害の影響が最小限で赤や黄色に色づいてくれればいいのですけれどね

また、鎌倉の紅葉を見に来てみます

11月下旬 鎌倉の紅葉 塩害の様子

11月22日 鎌倉の紅葉の様子を見に行きました

10月12日にも行き、そのときの様子は投稿していますが、ひと月以上経ったので再び行ってきました

今回は鎌倉アルプス・天園ハイキングコースから瑞泉寺に行くコースです

鎌倉の山々の紅葉はもう少し先のようで、まだ緑の樹々が多く、紅葉は始まっていますが、本格的な紅葉は12月に入ってからですね

鎌倉アルプス天園ハイキングコースへ

11月22日 今回は、天園ハイキングコースに横浜市栄区の栄プール横の入口から入ります

最初はちょっと急な階段が続きます

鎌倉天園ハイキングコース栄プール入口

鎌倉天園ハイキングコース栄プール入口

階段をのぼる途中で、横浜の上郷市民の森の様子を撮ってみました

樹々の色は変わってきています

横浜上郷市民の森

横浜上郷市民の森

天園ハイキングコースの途中にあったコース図です

横浜霊園の横の栄区・野七里・上郷と書かれているところから入って、天園休憩所を通り、大平山へいったん行ってから戻ってきて、貝吹地蔵経由で瑞泉寺のほうへ行きます

天園ハイキングコースコース図

天園ハイキングコースコース図

天園休憩所のちょっと上に、天園峠の茶屋があった広場があるのですが、そこが横浜市の最高地点です

鎌倉市街が展望できます

鎌倉市街を囲む山の様子です

正面に見えるのは稲村ケ崎ですね

ちょっと天気が悪く、曇っています

ここからみると、10月の様子からそれほど変わっていないように見えます

鎌倉天園から鎌倉市街

鎌倉天園から鎌倉市街

天園ハイキングコースのすぐ横にある鎌倉カントリークラブです

このコースは横浜市街に向かって打ち下ろすコース

遠くにみなとみらのランドマークタワーが見えます

紅葉のほうは少し赤みがかっているぐらいの感じです

鎌倉カントリークラブ

鎌倉カントリークラブ

大平山の広場からも鎌倉市街を撮ってみました

少し茶色がかっているのは塩害の影響でしょうかね

大平山から鎌倉市街

大平山から鎌倉市街

錦屏山瑞泉寺 夢窓疎石の庭園 鎌倉紅葉の名所

天園ハイキングコースから瑞泉寺へ

瑞泉寺は夢窓疎石開山の歴史のあるお寺です

山号の錦屏山はお寺を囲む山々の紅葉が錦の屏風のように美しいことからつけられたと言われています

本堂には夢窓国師像、釈迦牟尼仏、千手観音が並んでいます

本堂前の木が黄色く色づいています

まわりの山はそれほど色づいていないように見えます

瑞泉寺の庭

瑞泉寺の庭

この周りの山の樹々の紅葉が屏風のようということだったのでしょうか

瑞泉寺の山

瑞泉寺の山

夢窓疎石作の庭です 国の名勝です

瑞泉寺の夢窓疎石の庭

瑞泉寺の夢窓疎石の庭

瑞泉寺の庭にはこのように色づいている木もありました

瑞泉寺の庭

瑞泉寺の庭

二階堂 永福寺 杉本寺 紅葉

瑞泉寺から二階堂、永福寺へ移動していきます

きれいに紅葉している庭もありますね

鎌倉二階堂

鎌倉二階堂

永福寺は源頼朝が建立したお寺です

やっと公園として整備され、中に入れるようになりましたね

発掘調査が行われた後、埋め戻されて公園になっています

鎌倉永福寺跡

鎌倉永福寺跡

永福寺へ来たところで雨が降ってきました

途中で、隠れ家古民家レストランで葉山牛のビーフシチューを食べながら休憩してから、杉本寺へ

苔の階段のお寺です

本堂前からの眺め

こちらからみると、山々が紅葉で色づいているという感じになっていませんでした

鎌倉杉本寺からの眺め

鎌倉杉本寺からの眺め

穴子のお店 人気のお店です 左可井前の川の様子

鎌倉報国寺手前の魚屋前

鎌倉左可井前の魚屋前

報国寺の竹林

杉本寺から、浄明寺地区の報国寺へ

竹林が有名な人気のお寺ですね

報国寺竹林

報国寺竹林

報国寺の庭

こちらは紅葉しています

報国寺の庭

報国寺の庭

 

報国寺の庭

報国寺の庭

報国寺の山門前も紅葉している木があります

報国寺の前

報国寺の前

報国寺の横の山

少し黄色っぽい感じですね

報国寺の横の様子

報国寺の横の様子

旧華頂宮邸へ

報国寺のあとは、報国寺横の道をさらに奥へ

このあたりから巡礼古道に入ることもできますが、旧華頂宮邸へ行きました

時間が遅くなってしまっていたので、開館時間は過ぎていました

秋と冬は3時までです フランス式庭園を見ることができます

年に2回、春と秋に邸宅のなかの公開も行っているそうです

報国寺へ訪れる人は多いようですが、旧華頂宮邸まで来る人は少ないみたいでそれほど混まないようです

まわりの山がうっそうとしています

洋式庭園と紅葉です

旧華頂宮邸

旧華頂宮邸

旧華頂宮邸は開館している時間にくれば、カフェがあるとのことなので、またの機会に来てみようと思います



横浜大岡川桜の見ごろ 弘明寺公園と大岡川プロムナード

横浜戸塚柏尾川沿いの桜並木が見ごろ満開

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP