WordPress

WordPressで使うデジタル写真画像のEXIF情報の処理について

ブログには、スマートフォンやデジタルカメラで撮影したデジタル画像を多く使用しています

デジタル画像には、EXIF情報という撮影時の情報が付与されています

このEXIF情報についての処置についてです

WordPressブログで使うデジタル画像のEXIF情報

デジタルカメラやスマートフォンで撮影したデジタル画像には、EXIF情報がついています

自動的についていて、その内容は、

撮影日、サイズ、解像度、シャッタースピードや絞り、ISOなどの撮影条件、デバイス名などです

そして、GPSつきのスマートフォンやカメラで位置情報を使用する設定をしていると撮影した場所の緯度経度も入ります

画像を、パソコンでみると、メニューのファイル情報などでみることができる情報です

画像のファイル情報画像のファイル情報

こういうのが見れますよね

iphone8を使っている画像なので、デバイスにはiphone8と表示されています

これが、EXIF情報ですが、ワードプレスの場合、デジタル画像をアップロードして、そのまま使うとこのEXIF情報がそのまま残ってしまいます

そして、投稿記事などからデジタル画像を取り出して、ファイル情報をみるとEXIF情報がみれてしまうわけです

デジタル画像のEXIF情報の削除

無料ブログサービスやSNSなどでは、画像の設定で、EXIF情報を削除する設定があったり、そもそもEXIF情報を残さないようにしているところが多いですが、ワードプレスの場合は、何も対策しないと残ってしまいます

撮影日、サイズ、撮影条件、デバイスまでだと、そこまで気にしなくてもよいのかなとも思いますが、位置情報があると、どこにいるかがわかってしまいます

旅行先の写真の場合は、EXIF情報をみるまでもなく、写真自体で場所が特定できるので、場所がわかってもあまり問題にはならないと思いますのでいいのですが、自宅や勤め先、よく行く立ち寄り場所などのプライベートな場所で撮った写真は位置情報が入っていると問題があります

スマホなどの位置情報の設定で、カメラでは位置情報を使わない設定にしておけば、位置情報がEXIF情報に入ることはなくなるわけですので、対策としてはそれでも良いかもしれません

でも、EXIF情報が残っていると、デジタル写真を整理する際には便利です

位置情報が残っていると、パソコンでデジタル画像ファイルを開いて、ファイル情報を表示させると、撮影場所の地図が表示されるんですよね

クラウドの写真データ保存サービスなどでは、情報を元に自動的にアルバムを作成してくれたりもします

どこで撮ったか写真を後から見てわかると便利です

そこで、Wordpressでデジタル写真画像を利用する場合には、対処が必要になります

EXIF情報削除するプラグイン EWWW Image Optimizer

EXIF情報を削除できるプラグインがあります

EWWW Image Optimizer です

プラグインをインストールすると、プラグインの設定で、メタデータを削除というのがあります

EWWW[設定EWWW設定

これで、アップロードするデジタル画像から、EXIF情報を削除してくれます

EWWW Image Optimizer 利用する際の注意

WordPressブログにすでにたくさんのデジタル画像を使っている場合についてです

すでに過去からWordpressにアップロードしているデジタル画像については、このメタデータ削除にチェックを入れるだけではだめです

EWWW Image Optimizerでメディア一括返還をやらないとなりません

やり方は、簡単です

プラグインの設定画面の上のほうか、またはメディアのメニューに、一括最適化というのがありますから、「最適化されていない画像をスキャンする」をやればいいのです

画像が多いとかなり時間がかかりますが、待っていればできます

それで、やってみました

かなりすでに画像を使っている状態で行ったので、時間は一時間以上かかりました

ここで問題が発生しました

なんと画像が横向きになってしまっているのが出てきてしまいました

それとアイキャッチ画像で黒い余白がでる画像も出てきてしまいました

けっこうな数の画像で発生してしまいました

アイキャッチ画像は、あまりサイズを気にせず、サイズを統一せずに使用していて余白に影響がでたようです

アイキャッチ画像で対応必要なものはそれほどの数はなくてよかったのですが、横向きになっている画像はどれくらいあるのか、調べてみないとわからない状態でした

画像が見られなくなってしまったわけではないので、あわてずゆっくり粛々と直していきましたが、けっこう数がありました

EWWW Image Optimizerは、画像の圧縮もやってくれるプラグインです

無料版の圧縮はあまり効果は高くないですが、有料版にするとかなり圧縮効果があるようです

デジタル画像の圧縮とEXIF情報の処理

当初はEWWW Image Optimizerを利用していたのですが、現在は違います

まず、デジタル画像は必要十分に圧縮して使わないとなりません

見た目の画質が落ちない程度に圧縮してサイズを減らして使わないとサイトの表示速度に影響がでてしまいます

そこで、画像を圧縮して使うのですが、EWWW Image Optimizerで十分に圧縮しようとすると有料になります

1枚1円ぐらいだったと思うのですが、Wordpressではアップロードした1枚の画像をいくつものサイズに自動的に変換していろんなサイズの画像を使いますので、アップロードする枚数よりのかなり枚数が増えてしまいます

そこで、画像圧縮ソフトを使って、画像圧縮をあらかじめかけてから画像をアップロードしています

使っている画像ソフトは、「リサイズ超簡単!Pro」です

Windowsの画像圧縮ソフトなので、Windowsパソコンが必要ですが、ファイルを一括して変換することができ、縦横サイズの変換、JPEG保存品質の変換、EXIF情報の継承設定、保存場所の指定が可能で、たくさん画像をまとめて変換することができるので便利です

WordPressで使用する写真は、リサイズ超簡単!Proで画像圧縮とEXIF情報の削除を行ってからアップロードして使用しています

WordPress・PHP対応に適したレンタルサーバー比較WordPress・PHP対応に適したレンタルサーバー比較...