ぐるなびAPI

ぐるなびAPIの使い方 ぐるなびWebサービス

ぐるなびWebサービスをご存知ですか?

あのたくさんの飲食店、レストラン、グルメ情報のサイトやスマホアプリを提供しているぐるなびの無料利用可能なWebサービスです

無料で利用できるぐるなびAPIを使って、ぐるなびが持っている多くの飲食店情報を取得して、独自のWebコンテンツを開発することができます

豊富な飲食店情報を使って新しいアイディアを実現!!なんて使い方もできます

個人用のサイトで利用する程度なら、Webプログラミングの入門編ぐらいの知識と、わりと単純で簡単なPHPプログラムで、ぐるなびAPIを使ったサイトを作ることができます

使い方としては、自分のサイトの情報拡充やサイト内でお店の情報提供や検索に使うといったことができます

ぐるなびAPIの簡単な使い方

ぐるなびAPIを使って、レストラン情報・飲食店情報を取得して、自分のサイトのコンテンツにしてみましょう

こちらのサイトは、ぐるなびAPIを使ってフリーワード検索した結果とレストラン・飲食店の詳細情報で作成したサイトですので参考にしてください

オイシイグルメ

ぐるなびAPIを使ったWordPressプラグインをPHPで作成して、ショートコードをブログ記事内に埋め込むことで、プラグインの関数を呼び、レストラン情報をぐるなびAPIで取得して、その日のレストラン情報の検索結果を表示させています

リンク先にはレストラン・飲食店の詳細情報・口コミのページも作成してあります

ユーザーの写真投稿があるレストラン・飲食店ではユーザー投稿写真も詳細情報の一部として表示しています

ぐるなびWebサービス

ぐるなびWebサービスへの登録

まずはこちら

ぐるなびWebサービスのサイトです

https://api.gnavi.co.jp/api/

ぐるなびや食べログ、あるいはホットペッパーグルメなどレストラン・飲食店の口コミ情報サービスやアプリを使ったことはありますよね

ぐるなびWebサービスでは、お店のジャンルや住所や電話番号、地図などの情報、さらに口コミや写真がぐるなびAPIを使って提供されています

このぐるなびAPIで提供されているレストラン・飲食店のデータをWebプログラムで取得して、サイトやアプリで利用します

ぐるなびWebサービスのサイトで、新規アカウント発行へ進みます

新規アカウント発行ページでは以下の情報を入力し、ぐるなびWebサービス利用規約の確認を行って登録を行います

・ユーザーID

・パスワード

・名前

・メールアドレス

・法人個人区分

・郵便番号

・利用用途とサービス状況

・アプリケーション名、アプリケーション種類、URL、概要

利用規約はよく読んで理解しておきましょう

使い方を誤ると、アカウント停止などになってしまいます

ぐるなびWebサービスの登録を行って、新規アカウントが発行されると、ぐるなびWebサービスを利用する際に必要なアクセスキーがメールで通知されます

アプリケーションが複数ある場合は、設定変更ページでアプリケーションの追加を行うことができます

アクセスキーは、ぐるなびWebサービスのぐるなびAPIを使用するときにAPIのパラメータとして設定することになります

ぐるなびWebサービス ぐるなびAPI利用ルール

ぐるなびAPI利用ルールも確認してください

https://api.gnavi.co.jp/api/guide/

ぐるなびでは、最新の飲食店情報にデータを随時更新しているのでリアルタイムあるいは定期的に最新のデータを取得して利用することとされています

いつも新しい情報をリアルタイムで表示するか、1日1回以上新しい情報に更新するといった使い方にすることで、一度取ったデータを更新せずにそのまま使い続けるような使い方はしないようにしてください

また、店舗へのリンクと、ぐるなびWebサービスのクレジット表記は必ず行いましょう

その他、API利用ルールも確認してください

ぐるなびAPIの使い方

ぐるなびAPI APIの種類

ぐるなびAPI一覧

https://api.gnavi.co.jp/api/manual/

まず使ってみるぐるなびAPIは以下の3種類です

レストラン検索API

ぐるなびに掲載されているレストラン・飲食店の基本情報

住所や緯度経度、設備情報、クーポンURL、画像URLなど

API仕様:https://api.gnavi.co.jp/api/manual/restsearch/

多言語レストラン検索API

ぐるなび外国語版に掲載されているレストラン・飲食店の基本情報

5言語対応(日本語、英語、中国語:繁体字、中国語:簡体字、ハングル)

API仕様:https://api.gnavi.co.jp/api/manual/foreignrestsearch/

応援口コミAPI

ぐるなび店舗ページの応援口コミタブに掲載されているぐるなび会員の投稿画像URLや口コミ情報

API仕様:https://api.gnavi.co.jp/api/manual/photosearch/

その他のぐるなびAPI

その他にも、エリア、都道府県、エリアL、エリアM、エリアS、大業態、小業態のぐるなびAPIがありますが、検索を絞り込む際のエリアや都道府県、業態を選択するようなときに使うことができます

まず簡単な検索アプリケーションを作成するならレストラン検索APIと応援口コミAPIで可能です

日本語のみの対応ならレストラン検索APIで対応します

5言語対応するなら多言語レストラン検索APIになります

ぐるなびAPIテストツール

ぐるなびAPIテストツールを使って、どのようなデータがぐるなびAPIで取得できるのが試してみましょう

https://api.gnavi.co.jp/api/tools/

テストツールでAPIを選択して、パラメータを設定すれば、簡単にAPIのデータを表示させて確認することができます

アクセスキーは仮のキーを使いますから、アカウント登録していなくてもテストツールは利用できます

Webプログラムで、アクセスキーを設定して、テストツールに表示されるURLにアクセスすると、ぐるなびAPIはJSON形式でレストラン・飲食店の情報を返してくれるわけです

飲食店アフィリエイトとぐるなびWebサービス

ぐるなびAPIは商用利用不可

ぐるなびAPIは商用目的では利用できないことになっています

ぐるなびAPIを使って作ったWebプログラムやアプリを売ったり、Webプログラムやアプリの利用料をとったり、ぐるなびAPIを利用したサイトにレストランの情報を掲載してレストランからお金をもらったりすることはできません

原則としては、ぐるなびAPIを利用しているページで、アフィリエイトを併用することもできません(利用できる条件は下記をご覧ください)

レストラン・飲食店アフィリエイト 利用条件

レストラン・飲食店のアフィリエイトについては、ぐるなびWEBサービスに問い合わせを行いましたが、原則としてアフィリエイトとの併用もしないでくださいとのことです

ぐるなびAPIを使って作成したページでの、グーグルアドセンスの利用、各ASPのアフィリエイト広告の利用などは行ってはいけないことになっています

リクルートWebサービスのホットペッパーのWebAPIは商用目的は不可ではあるものの、アフィリエイト併用についてはOKとなっていましたので、ぐるなびAPIの方が利用制限が厳しいです

ただし、ぐるなびが提供しているアフィリエイトであれば併用を認めますとのことです

ぐるなび案件のアフィリエイトであれば、ぐるなびAPIとの併用が可能です

ぐるなびAPI 飲食店アフィリエイト可能サービス

バリューコマース アフィリエイト利用

バリューコマースには、ぐるなびのレストラン予約、ぐるなびと楽天のID連携のアフィリエイト案件があります

ぐるなびのアフィリエイト案件に限り、飲食店アフィリエイトの併用が可能です

バリューコマースには、ぐるなびの他にも、食べログ、ホットペッパー、ヤフーダイニング、一休レストラン、Ozmallといった飲食店のアフィリエイトができる案件が豊富に用意されていますが、ぐるなびAPIと併用することはできないこととなっています

もちろん飲食店以外のアフィリエイト案件との併用はできません

無料簡単登録 バリューコマース

バリューコマース LinkSwitch利用

ぐるなびAPIを利用して、ぐるなびのアフィリエイトをするなら、バリューコマースです

バリューコマースが提供しているLinkSwitch機能を使います

記事内にLinkSwitch対応している提携済みのアフィリエイト案件の提供サイト内へリンクを貼れば、自動的にアフィリエイトリンクに変換されます

LinkSwitch機能を使用したいページのソースの<head>~</head>内にLinkSwitchのタグを埋め込むだけで利用できます

ぐるなびAPIを使って取得できるレストラン・飲食店のぐるなびサイトのURLは、アフィリエイトリンクではありませんが、バリューコマースのLinkSwitch機能を使えば、ぐるなびAPIで取得したURLへのリンクを掲載すれば、そのURLが自動的にアフィリエイトリンクになります

ぐるなびのレストラン予約のアフィリエイト案件と提携して、LinkSwitch機能を利用すれば、ぐるなびネット予約が可能なお店で予約が成立し、来店すればアフィリエイト報酬が発生します

ぐるなびAPIで取得したURLでのリンクを、記事に掲載すれだけでアフィリエイトリンクになるので便利で簡単です

ぐるなびでのネット予約に対応しているお店でネット予約されないとアフィリエイト報酬は発生しませんが、とても簡単にアフィリエイトができるのでおすすめです

無料簡単登録 バリューコマース

LinkSwitch機能が使えることと、他にもグルメ・飲食店案件が多数あるのでおすすめです(APIを使わなくても、リンクを貼るだけで済むので、もっとも使っているASPです)

A8.net アフィリエイト利用

次にA8.netです

もっとも使っている人が多いアフィリエイトサービスです

【ぐるなびプレミアム会員】の会員登録アフィリエイト案件があり利用することができます

以前は通常会員登録案件がありましたが、現在はプレミアム会員のみとなっています

お店の紹介案件ではなく、有料会員登録の紹介です

(有料登録なので、ただ飲食店を紹介するだけでは発生するのは難しいですね)

ぐるなびアフィリエイト

そして、ぐるなびが提供しているアフィリエイトがぐるなびアフィリエイトです

・ぐるなびネット予約 プラン予約獲得プロモーション

・レストランメニューのレビュー投稿プロモーション

・ぐるなびデリバリー 商品購入プロモーション

・ぐるすぐり 商品購入プロモーション

があります

お店の紹介は、ネット予約のバナー広告か、あるいは「ぺたぐる」という機能を使います

バリューコマースのぐるなびアフィリエイト案件よりもこのぐるなび直接案件の方が報酬は高くなっています(ただしポイント制です)

バリューコマースようにAPIを使ったリンクでアフィエイトすることはできないのですけれが、「ペタぐる」でレストラン情報のタグを簡単に作る機能があります

「ペタぐる」のタグでは、ネット予約できるレストランの場合にはネット予約が可能であることが表示されます

ぐるなびAPIを利用して作ったリンク用には簡単に自動的にアフィリエイトリンクになるのでバリューコマースのLinkSwitch機能を使うことになります

個別のお店のタグを手動で作る場合はぐるなびアフィリエイトの「ぺたぐる」で作成することができますが、アフィリエイトリンクはその店舗のネット予約ページへのリンクだけですので、バリューコマースのLinkSwitch機能も同時に使い、ネット予約ページだけでなく、ぐるなびサイトへのリンクがすべてアフィリエイトリンクにしたほうがよいです

セットで利用がおすすめ

バリューコマースぐるなびアフィリエイト

ぐるなびAPI おすすめサーバー

ぐるなびAPIを使う際のサーバーについてです

WordPressが使えて、PHPでWebプログラミングするなら、WordPressとPHPが利用できるサーバーが必要です

ロリポップ!レンタルサーバー

まずおすすめするのが、ロリポップ!レンタルサーバーです

WordPressを使うならロリポップ!
簡単インストール完備で楽々スタート!

WordPressが簡単にインストールできて、すぐに使えますし、PHPも利用できます

まずPHPプログラミングして、Webサイトを作ってみようということであれば、ロリポップ!のライトプランが安くて、機能もあって、プログラミング初心者でも安心で使いやすいです

WordPressとPHPを始めてみるというなら、最初から大容量、超高速でなくても大丈夫です

同じGMOパペポが提供するムームードメインで独自ドメインを取得すれば、ドメインとサーバーの連携も簡単で、さらに初心者でも安心です

格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

ロリポップのライトプランが月額300円(長期契約250円)と低料金で始められるのでおすすめなのです

容量50Gをもっと増やしたいとか、PHPの高速モジュール版を使いたいという場合には、月額600円(長期契約500円)のスタンダードプラン(120G)にプラン変更すれば、後からでもグレードアップできますし、7世代バックアップオプション(月300円)も利用できます

さらに新たにハイスピードプランも月額1200円(長期契約1000円)で登場して、WordPressがさらに早くなり、SSDストレージで容量200G、自動バックアップ機能付き(復元は有料)です

ロリポップ!ムームードメイン

ロリポップでは、Python、Perl、Rubyも利用可能です

ロリポップ!サーバー WebDav

そして、こちら、ロリポップ!で利用できるWebDavです

プログラミングしたソースは、サーバーに上げる必要がありますが、FTPで上げることが多かったと思います

ですが、WebDavに対応しているロリポップ!サーバーの場合は、パソコンのディスクと同じようにサーバーのディスクを使うことができます

パソコン内のフォルダやファイルの操作と同様にサーバーのフォルダやファイルも同じように操作できるので、とても簡単、使い勝手がよく、FTPよりもずっと効率が良いです

ソースをパソコンに置いておき、アップロードする場合は、FTPツールでFTP接続してアップロードするのではなく、パソコンのフォルダからサーバーのフォルダへコピペすることができます

WindowsでもMacでも大丈夫、パソコン内のフォルダと同じようにサーバーのフォルダが見えます

ロリポップ!以外でWebDavが利用できるレンタルサーバーとしては、月額880円からの高速SSDレンタルサーバーmixhostがあります

mixhost パワフルで高速なピュアSSDクラウドレンタルサーバー

はじめから高速で大容量でバックアップもということであれば、mixhostもよいと思いますが、まずは始めてみよう、Webプログラミンを勉強しながらやってみようというなら、ロリポップ!ライトプランからをおすすめします

ロリポップ!なら初心者でも安心!
大人気のWordpress簡単インストールやショッピングカートなど
誰でもカンタンに使える機能が満載!

ロリポップ!サーバー

高速・高機能 エックスサーバー

高速・高機能で、よくおすすめされるのがエックスサーバーです

高速・高機能・容量も十分なので、おすすめのサーバーとされている方が多いですし、実際、高速で使いやすいサーバーです

レンタル料金は月額1200円(長期契約900円)

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

速くて、容量200Gで、バックアップもあるのでおすすめですが、mixhost同様に、まずはWebプログラミングしてサイトを作ってみようという場合には、スペックが高いですし、月額も高いです

もっと高速・高機能・大容量が必要なWebサイトを作るようになってからでよいと思います

さらに、国内最速と評判の高速・高機能サーバーならConoha WING

こちらは、ベーシックプランで月額1200円からです

ベーシックプランでも、エックスサーバーより、もう少し高くなります

ですが、Conohaはおもいろい料金設定になっていて、ベーシックプランの場合は、1時間2円で、月に最大1200円なのです

継続して使う人は当然マックスの1200円になりますが、途中でやめたい場合は使った時間分1時間あたり2円を払えばよいという料金になっています

初期費用無料!最低利用期間無し!国内最速・高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

レンタルサーバー比較

レンタルサーバー ディスク容量 長期+バックアップ
ロリポップ!ライト 50G 550円 WebDav
ロリポップ!スタンダード 120G 800円 WebDav
ロリポップ!ハイスピード 200G 1000円 高速・WebDav
mixhost 150G 880円 高速・WebDav
エックスサーバー 200G 900円 高速
Conoha WINGベーシック 200G 1200円 高速

安くて使いやすいサーバーから始めて、ステップアップしていくのがよいと思います

(バックアップも最初のうちは自分でやることもできます)

ロリポップ!

レストラン・飲食店API

ぐるなび以外にもレストランや飲食店の情報をAPIで取得できるWebサービスがあります

食べログAPI

食べログはレストラン・飲食店の店舗情報を網羅していて、口コミ情報も集まっているので使いたい情報であるのですが、現在はWebサービスの一般提供は行っていないようです

ホットペッパーAPI

ホットペッパーAPIは、リクルートWebサービスが提供するAPIのひとつとして使うことができます

http://webservice.recruit.co.jp/

ただし、ホットペッパーに登録されているレストラン・飲食店の情報をみると、ぐるなびや食べログよりも登録店舗数が少ないようです

ホットペッパーもバリューコマースにアフィリエイト案件がありますから、LinkSwitchが使えると思いますが、ぐるなびを利用しています