PHP

WebAPIをPHPで作って実行してみましょう

WebAPIを使ってウェブサービスから情報を取得して、記事に挿入したり、ページを作成していますが、phpを使って行っています

phpに対応しているサーバーであれば可能です

WordPressもphpですから、Wordpressを利用しているサーバーであれば、たいていは使えますね

WebAPIをPHPで動かすサイトを作ってみた

わりと簡単な練習プログラミングで作成できるサイトをご紹介します

こちらは、Wordpress内からWebAPIを呼んでいるのではなく、サーバー上のディレクトリにindex.phpを置いて、index.phpの中からWebAPIで情報を取得する関数を呼び出してページを生成しているサイトです

ぐるなびWebサービスのぐるなびAPIを使っているもので、レストラン情報を検索してきます

レストラン検索

ぐるなびWebサービスのぐるなびAPIについては、こちらに導入編を書いてますのでご覧ください

ぐるなびAPIの使い方 ぐるなびWebサービスぐるなびAPIの使い方 ぐるなびWebサービス ぐるなびアフィリエイト 飲食店アフィリエイト...

PHPで簡単なプログラミングができれば、ぐるなびの他にも、楽天市場、楽天トラベル、楽天GORA、アマゾン、グーグル、ヤフーなども同じような関数を用意すればWebAPIで情報を取ってくることができます

WebAPI PHP プログラミング例

ぐるなびAPIのレストラン検索APIを使用した関数の例です

検索してくる店舗数と、何ページ、フリーキーワードを関数に渡すと、ぐるなびAPIのレストラン検索APIでフリーワード検索を行って、ヒットした店舗のレストラン情報を配列に入れて返すという関数です

レストラン検索APIのURLをパラメータ付きでたたいて(@file_get_cotents)、返ってくるJsonファイルを配列に入れるというものです

返ってくるJsonファイルのなかみの仕様は、ぐるなびのAPI仕様をみてください

こちらを参考に

ぐるなびAPIのレストラン検索で飲食店情報検索ぐるなびWebサービスのぐるなびAPIの主要な3つのAPI ・レストラン検索API ・他言語レストラン検索API ・応...

 

フリーワード検索ではなく、店舗IDで店舗指定して指定店舗だけの情報を取得する場合のレストラン検索APIのパラメータの設定はこのようになります

関数のパラメータで店舗IDを渡すようにして、レストラン検索APIでIDを設定して情報取得します

 

たとえば、init.phpの中で、こちらのように上記の関数を呼び出して、WebAPIで取得してレストラン情報を配列に入れ、表示させることができます

WebAPIで取得した情報の中から、以下の情報を表示させているPHPプログラムです
・レストランイメージ画像
・レストランのサイトへのリンクつきレストラン名称
・住所
・アスセス(路線・最寄り駅、出口、徒歩時間など)

WordPress・PHP対応 レンタルサーバー

WebAPIをPHPで動作させる際に使うサーバーについてです

WordPressも使いたい、PHPでWebプログラミングもするなら、WordPressとPHPが利用できるサーバーが必要です

ロリポップ!レンタルサーバー

まずおすすめするのが、ロリポップ!レンタルサーバーです

WordPressを使うならロリポップ!
簡単インストール完備で楽々スタート!

WordPressが簡単にインストールできて、すぐに使えますし、PHPも利用できます

まずPHPプログラミングして、Webサイトを作ってみようということであれば、ロリポップ!のライトプランが安くて、機能もあって、プログラミング初心者でも安心で使いやすいです

WordPressとPHPを始めてみるというなら、最初から大容量、超高速でなくても大丈夫です

同じGMOパペポが提供するムームードメインで独自ドメインを取得すれば、ドメインとサーバーの連携も簡単で、さらに初心者でも安心です

格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

ロリポップのライトプランが月額300円(長期契約250円)と低料金で始められるのでおすすめなのです

容量50Gをもっと増やしたいとか、PHPの高速モジュール版を使いたいという場合には、月額600円(長期契約500円)のスタンダードプラン(120G)にプラン変更すれば、後からでもグレードアップできますし、7世代バックアップオプション(月300円)も利用できます

さらに新たにハイスピードプランも月額1200円(長期契約1000円)で登場して、WordPressがさらに早くなり、SSDストレージで容量200G、自動バックアップ機能付き(復元は有料)です

最初は安く始めて、ステップアップもできるのでおすすめです

ロリポップ!ムームードメイン

ロリポップでは、Python、Perl、Rubyも利用可能です

ロリポップ!サーバー WebDav

そして、こちら、ロリポップ!で利用できるWebDavです

プログラミングしたソースは、サーバーに上げる必要がありますが、FTPで上げることが多かったと思います

ですが、WebDavに対応しているロリポップ!サーバーの場合は、パソコンのディスクと同じようにサーバーのディスクを使うことができます

パソコン内のフォルダやファイルの操作と同様にサーバーのフォルダやファイルも同じように操作できるので、とても簡単、使い勝手がよく、FTPを使うよりもずっと効率が良いです

ソースをパソコンに置いておき、アップロードする場合は、FTPツールでFTP接続してアップロードするのではなく、パソコンのフォルダからサーバーのフォルダへコピペすることができます

WindowsでもMacでも大丈夫、パソコン内のフォルダと同じようにサーバーのフォルダが見えます

ロリポップ!以外でWebDavが利用できるレンタルサーバーとしては、月額880円からの高速SSDレンタルサーバーmixhostがあります

mixhost パワフルで高速なピュアSSDクラウドレンタルサーバー

はじめから高速で大容量でバックアップもということであれば、mixhostもよいと思いますが、まずは始めてみよう、Webプログラミンを勉強しながらやってみようというなら、ロリポップ!ライトプランからをおすすめします

ロリポップ!なら初心者でも安心!
大人気のWordpress簡単インストールやショッピングカートなど
誰でもカンタンに使える機能が満載!

ロリポップ!サーバー

高速・高機能 エックスサーバー

高速・高機能で、よくおすすめされるのがエックスサーバーです

高速・高機能・容量も十分なので、おすすめのサーバーとされている方が多いですし、実際、高速で使いやすいサーバーです

レンタル料金は月額1200円(長期契約900円)

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

速くて、容量200Gで、バックアップもあるのでおすすめですが、mixhost同様に、まずはWebプログラミングしてサイトを作ってみようという場合には、スペックが高いですし、月額も高いです

もっと高速・高機能・大容量が必要なWebサイトを作るようになってからでよいと思います

さらに、国内最速と評判の高速・高機能サーバーならConoha WING

こちらは、ベーシックプランで月額1200円からです

ベーシックプランでも、エックスサーバーより、もう少し高くなります

ですが、Conohaはおもいろい料金設定になっていて、ベーシックプランの場合は、1時間2円で、月に最大1200円なのです

継続して使う人は当然マックスの1200円になりますが、途中でやめたい場合は使った時間分1時間あたり2円を払えばよいという料金になっています

初期費用無料!最低利用期間無し!国内最速・高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

レンタルサーバー比較

レンタルサーバー ディスク容量 長期+バックアップ
ロリポップ!ライト 50G 550円 WebDav
ロリポップ!スタンダード 120G 800円 WebDav
ロリポップ!ハイスピード 200G 1000円 高速・WebDav
mixhost 150G 880円 高速・WebDav
エックスサーバー 200G 900円 高速
Conoha WINGベーシック 200G 1200円 高速

安くて使いやすいサーバーから始めて、進歩に合わせてステップアップしていくのがよいと思います

ロリポップ!