試してみてもいいけど自分次第だよね
WordPress

WordPress多言語対応プラグインの使い方

ブログの記事を複数言語対応にしたいと思い、Wordpressの多言語対応のプラグインについて調べて試用してみました

Google Website Translator、Polylangなどを試してみています

ページの翻訳 Google Website Translator

まず最初に試したのは、Google Website Translatorです

ブラウザにも表示中のページを翻訳する機能がありますが、同様のものですね

サイドバー等に、言語を選択するウィジットPrisna GWTを置いて、言語選択を切り替えます

見た目の、言語が切り替わります

コードを貼り付けることで、ウィジット以外のところにも言語選択の部品を置くことができます

こんな感じでショートコードを貼り付けたところに言語選択の部品を置くことができます

[prisna-google-website-translator]

国旗を表示させたりして、表示する言語を選択してもらうことができます

選択できる言語を簡単に設定できるので、たくさんの言語の切り替えを簡単に行うことができます

phpにスイッチャーの部品の置く場所を追加することもできます

いろんなところにスイッチャーをおけて、切り替え言語もたくさんあって、お手軽に翻訳ができます

でも、この翻訳は機械翻訳ってこともありますが、それよりも問題は見た目だけが多言語になるということなんですよね

見た目が切り替わるだけなので、他の言語の記事にあるキーワードを検索の対象にしてもらえるわけでもない

SEO的な効果はあまりないようです

多言語対応のページがあるよって、知らせるためのlink relについても、このGoogle Website Translatorは多言語対応ページを用意するわけではないので対応なしです

link rel=”alternate” href=”http://boccitabi.net/” hreflang=”ja”

link rel=”alternate” href=”http://boccitabi.net/en/” hreflang=”en”

見た目だけ、お手軽に言語を切り替えるということであれば機械翻訳の翻訳ではあるのですが、使えます

でも、もう少し突っ込んで多言語対応しようと思いました

多言語対応プラグイン Polylang

そこで、検討したのが多言語対応のプラグイン

Polylang

調べてみるといくつか紹介されていたのですが、Polylangを入れてみることにしました

このプラグインは、対応する言語ごとに、記事を用意するものです

固定ページでも投稿ページでもできるのですが、ひとつの記事に、例えば日本語の記事、英語の記事、中国語の記事というようにそれぞれの言語に翻訳した記事を用意します

それぞれの言語の記事はプラグインが関連付けてくれます

記事を作成するときに、投降記事作成画面で、それぞれの言語の記事の記事名称が表示される欄があり、その欄からそれぞれの言語の記事の作成画面に飛ぶことができます

投稿一覧画面にも同様のマークが表示されていますので、こちらからも翻訳記事作成を行うことができます

まだ、記事が作成されていない状態の場合は、「+」表示になっており、翻訳記事を作成したら鉛筆マークになります

 

この記事作成のリンクで飛んで作成した別言語の記事が、元言語の記事と関連付けられるわけです

関連付けされるので、link relも設定されます

お互いの記事が翻訳した記事で関連があることを示すようにlink relを自動的に入れてくれます

カテゴリーもそれぞれの言語ごとに用意し、言語間の対応づくカテゴリは関連付けることができます

メニューも各言語ごとに用意することになりますし、ウィジットもウィジットの中にどの言語で表示されることにするのかを指定することになります

また、ある言語で記事を作成し、カテゴリーやアイキャッチ画像を指定すると、対応する他言語の記事では、その言語でのカテゴリーが選ばれ、アイキャッチ画像は同じものが設定されているようです

同じ内容について、言語ごとに記事を自分で翻訳して用意することが必要で、カテゴリーも言語ごとに用意することが必要で、メニューも言語ごとに用意しておかないとならない

全体で対応しようと思うと、記事全部を翻訳していかないとならないので、けっこう面倒ではありますが、かなりの本格的な多言語対応になると思います

他の多言語対応プラグイン Bogo qTranslate X

他のプラグインで、Bogoなども紹介記事は見ました

また、記事を分けるのではなく、ひとつの記事の中に複数の言語を入れてしまうタイプのプラグイン qTranslate X の紹介記事も見ました

翻訳記事が記事別に分かれるほうがデータ管理上安心かな?というのと、カテゴリーもウィジットもメニューも多言語展開できるということからPolylangを選択しています

日本語、英語、中国語(簡体字)、中国語(繫体字)、韓国語あたりでやってみようかなと

最近って、観光地に行くと、中国語、韓国語がよく聞こえてくるんですよね

英語も多い

電車とかバスとかの表示って、日本語、英語、ハングル、中国語ってのが多いですしね

身近な鎌倉も外国人は多いところですが、北海道に行った時なんて、もっと偏っていて、日本人があまりこないものだから、中国人だらけのところもあったりして

 https://boccitabi.net/

 https://boccitabi.net/en/

 https://boccitabi.net/zh-cn/

 https://boccitabi.net/zh-tw/

 https://boccitabi.net/ko/

というように各言語対応のディレクトリができています

このそれぞれのディレクトリの下に記事も、カテゴリもアーカイブもできていて、メニューの言語スイッチャーで切り替えるわけです

他言語が得意なわけではないので、翻訳記事の作成はグーグル翻訳に頼っていて、翻訳文の逆翻訳結果を見ながら、うまく翻訳されるように日本語を調整しつつ記事を作っているので時間がかかります

でも、どんな様子になるか試してみようと思ってやってみてます

 

多言語対応プラグイン+自動翻訳プラグイン

自動翻訳のプラグインも導入してみましたのでこちらの記事を参照ください

Polylangと連携することができるLingotek Translationです

Polylangで作成した他の言語の記事を、Lingotek Translationで自動翻訳することができます

Lingotek Translationについては別記事にします

JetPackプラグインの翻訳機能

Google Website Translatorについて記述しましたが、現在、Google Website Translatorは使わず、JetPackの翻訳機能を使用しています

Jetpack by WordPress.comプラグインをインストールするとGoogle翻訳(Jet Pack)というウィジットが使えるようになります

このGoogle翻訳(Jet Pack)をサイドバーにでも配置しておくと、表示中のページの言語を簡単に切り替えることができます

Google Website Translatorと同じような機能のプラグインです

見た目だけということにはなりますが、お手軽に表示言語を切り替えることができます