WordPress

PolylangとLingotek Translation WordPress多言語対応と自動翻訳プラグインの利用方法

WordPress多言語対応のプラグイン Polylangを使用しています

Polylangと連携する自動翻訳プラグインとして、Lingotek Translationというプラグインがあります

このLingotek Translationを使ってみました

Polylang Wordpress多言語対応プラグイン更新

多言語対応のプラグインPolylangの更新通知が来ていたので、更新をしました

そうすると、自動翻訳のプラグイン Lingotek Translationとの連携をするということなので、連携してみました

連携するLingotek Translationプラグインがインストールされます

メールアドレスの登録が必要なのですが、翻訳を自動的に行ってくれるプラグインです

また有料ですが、Lingotek Translationでは自動翻訳ではない記事の翻訳を依頼することもできるようです

Polylangについてはこちらをご覧ください

WordPress多言語対応プラグインの使い方WordPress多言語対応プラグインの使い方 Google Website Translator Polylang...

Lingotek Translation利用方法

Lingotek WordPress自動翻訳プラグイン

自動翻訳プラグインLingotek Translationプラグインを入れて使ってみました

投稿一覧画面に日本語記事のアップロードのリンクが表示され、翻訳するにはまずは記事をアップロードします

 

日本語記事をアップロードして、しばらくすると翻訳を開始する準備ができます

こちらが日本語の記事のアップロードができて、他の言語の翻訳のリクエストが可能な状態の表示です

翻訳のリクエストのリンク(Request translation)をクリックするか、各言語の+マークをクリックすることで翻訳が開始されます

英語の翻訳が終わって、ダウンロードができるようになった状態です

旗マークの下のダウンロードボタンをクリックするか、Download translationのリンクをクリックすると、翻訳された記事がダウンロードされ、自動翻訳記事ができあがります

言語ごとにこの作業を繰り返すと、各言語の自動翻訳記事ができあがります

機械翻訳ですけれど、けっこう簡単な手順で翻訳記事が自動的にできあがります

オレンジ色の鉛筆マークになっているのが、英語の記事ができあがった状態です

タイトルは英語に翻訳されており、カテゴリはPolylangで英語で設定した英語のカテゴリーのなっています

できあがった記事を確認したところ、画像は日本語記事のものと同じもの、同じURLのものが使われていて、キャプションは翻訳されていました

Lingotek アイキャッチ画像について

アイキャッチ画像が引き継がれませんでした

アイキャッチ画像には、何も入っていませんでした

Polylangで他言語の記事を生成させたときは、アイキャッチ画像が引き継がれていたのですが、Lingotekで翻訳した記事にはアイキャッチ画像は設定されていませんでした

カテゴリは、Polylangで作成した他言語のカテゴリが自動的に設定されていたのでOKだったのですが、アイキャッチ画像は後で自分で設定しないとならないようです

多言語対応プラグインPolylangを入れることで、各言語の記事作成時に挿入する画像メディアは各言語ごとにアップロード先が分かれるので、アイキャッチ画像に設定する画像は、日本語記事用にアップロードした画像と同じ画像を改めて、その言語のメディアアップロード先へアップロードする必要があります

Lingotek 自動翻訳記事の編集方法

自動翻訳した言語の記事を編集する方法なのですが、どうもLingotekの翻訳をいったん解除しないとできないみたいです

自動翻訳は機械翻訳ですから、そのまま使うわけにはいきません

必ず手直しが必要です

他言語の記事に翻訳されたことを示すマークがついていて、そこをクリックすると編集できるのかなと思ったのですが、Invalidと出て、進めませんでした

Lingotekの翻訳を解除(disassociate)しても、Lingotekで翻訳した記事は残っているので、その記事を編集すればよいわけです

自動翻訳をしたあと、このDisassoiate translationsでLingotekを解除します

解除すると今までのPolylangでの記事更新といっしょです

Lingotek 画像のHTMLの乱れ

Lingotek Translationで自動翻訳すると、記事に挿入している画像のキャプションの部分のHTMLが若干崩れていました

キャプションなどの部分が自動翻訳をかけることによって崩れるようです

画像挿入のHTMLを修正するのと、機械翻訳なので翻訳結果に手を加えるのとで、Lingotekで自動翻訳したあとに、自動翻訳を解除し、記事を編集することが必要でした

記事を編集したあとに、再びLingotekの自動翻訳を行いなおすと、Lingotek解除時に行ったアイキャッチ画像の設定とか記事の編集結果が無効になってしまい元の自動翻訳状態に戻ってしまいますから、戻さないようにしましょう

Lingotekでの自動翻訳手順について

日本語記事を作成したら、いったんLingotek Translationでアップロードして、各言語の記事を自動翻訳した後、Lingotekの翻訳を解除して、各言語の記事を個別に編集するということを行えば、各言語の翻訳記事ができあがります

いったんアップロードし、自動翻訳したあと、Lingotekを解除すると各言語のマークは鉛筆マークになります

翻訳した記事がありますけれど、Lingotekを解除した状態の記事は鉛筆マークが青くなっています

 

 

機械翻訳なので、おかしな翻訳も多々あることはありますし、Googleのウエブマスターに対しての決まり事として自動翻訳した記事をそのまま手を加えずにアップしていると検索のインデックスから外されるというペナルティを受けることになってしまうので、翻訳した記事を見直して手を加えることは必須です

翻訳の能力はあまり無いのでおかしな翻訳すべてを直しきることはできないですが、多少のことには目をつむるとしても、逆翻訳とかしながら、翻訳を修正しました

Lingotek Translation プラグイン自動翻訳後

さらに他の記事でも試してみると、日本語では改行しているところが改行されていないところもあります

改行せずに文章が続いてしまっていて、翻訳結果がおかしくなっているところもあります

挿入画像のHTMLと翻訳が混ざってしまっているところもあって、imgタグで画像は挿入されていながらも、画像前後にHTMLの残骸が表示されてしまうということが起こります

改行や、HTMLタグのところとか、確認しながら修正が必要そうです

自分でGoogle翻訳で、文章ごとに翻訳しながら記事を作成するのがよいか、まず一気にLingotek翻訳をしてから、中身を修正していくのがよいか、試行錯誤・検討が必要そうですが、いったんはLingotek Translationで翻訳をしてしまって手直しをかけていったほうがよさそうな気はします

英語、中国語簡体字、中国語繫体字、韓国語の記事を作っていこうとしていますが、英語は多少はまったくおかしいなんてことがないかはよくみるとわかります、中国語繫体字は日本語にもある漢字がだいぶ混ざっているので、多少類推できそうなところもあったりします、中国語簡体字は漢字がだいぶ違うので繫体字に比べるとわかりにくい、一番の問題は韓国語で、ハングル文字なのでみても何が書いてあるのかぜんぜんわからないです

Lingotek Translationプラグインのダッシュボード

ダッシュボードで、現状の対応言語で、世界中何人ぐらいに対応できているか、何%ぐらい対応できているかみたいなのが表示されます

また、この言語を追加して、あと何人増やしませんか、みたいな提案もあるみたい これはおもしろい

5か国語でもネイティブでサイトを見れる人が56%とのことなんだけど、ドイツ語を加えると8%増えるらしいです

Lingotek Translationプラグイン有料翻訳の利用

Lungotek Translation自動翻訳のプラグインを導入すると、有料で翻訳者による翻訳が利用できるようになります

多言語対応して各言語の記事の質を高めるためにはこの有料の人間の翻訳者による翻訳を利用するのもよいかもしれませんね

WordPressを使う際のおすすめサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

まずおすすめするのが、ロリポップ!レンタルサーバーです

WordPressを使うならロリポップ!
簡単インストール完備で楽々スタート!

WordPressが簡単にインストールできて、すぐに使えます

WordPressを利用してWebサイトを作ってみようということであれば、ロリポップ!のライトプランが安くて、機能もあって、初心者でも安心で使いやすいです

ちょっと小規模でもお試しでもWordPressサイトを作ってみようという場合も安くて使いやすくていいですね

ロリポップと同じGMOパペポが提供するムームードメインで独自ドメインを取得すれば、ドメインとサーバーの連携も簡単で、さらに初心者でも安心です

格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

ロリポップのライトプランが月額300円(長期契約250円)と低料金で始められるのでおすすめなのです

ロリポップサーバーのままで、容量50Gをもっと増やしたいとか、PHPの高速モジュール版を使いたいという場合には、月額600円(長期契約500円)のスタンダードプラン(120G)にプラン変更すれば、後からでもグレードアップできますし、7世代バックアップオプション(月300円)も利用できます

さらに新たにハイスピードプランも月額1200円(長期契約1000円)で登場して、WordPressがさらに早くなり、SSDストレージで容量200G、自動バックアップ機能付き(復元は有料)となっています

ロリポップ!ムームードメイン

ロリポップ!サーバーならWebDavが使える

そして、こちら、ロリポップ!で利用できるWebDavです

WebDavに対応しているロリポップ!サーバーの場合は、パソコンのフォルダと同じような感覚でサーバーのディスクを使うことができます

パソコン内のフォルダやファイルの操作と同様にサーバーのフォルダやファイルも同じように操作できるので、とても簡単、使い勝手がよく、FTPよりもずっと効率が良いです

WindowsでもMacでも大丈夫、パソコン内のフォルダと同じようにサーバーのフォルダが見えます

ロリポップ!以外でWebDavが利用できるレンタルサーバーとしては、月額880円からの高速SSDレンタルサーバーmixhostがあります

mixhost パワフルで高速なピュアSSDクラウドレンタルサーバー

はじめから高速で大容量でバックアップもということであれば、mixhostもよいと思いますが、まずは始めてみようというなら、ロリポップ!ライトプランからをおすすめします

ロリポップ!なら初心者でも安心!
大人気のWordpress簡単インストールやショッピングカートなど
誰でもカンタンに使える機能が満載!

ロリポップ!サーバー

高速・高機能 エックスサーバー

高速・高機能で、よくおすすめされるのがエックスサーバーです

高速・高機能・容量も十分なので、おすすめのサーバーとされている方が多いですし、実際、高速で使いやすいサーバーです

レンタル料金は月額1200円(長期契約900円)

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

速くて、容量200Gで、バックアップもあるのでおすすめですが、mixhost同様に、まずは新しくサイトを作ってみようという場合には、スペックが高いですし、月額も高いです

もっと高速・高機能・大容量が必要なWebサイトを作るようになってからでよいと思います

ご参考までですが、エックスサーバーがWordPress専用サーバーのリニューアルを行いました

高速化を宣言しており、Conoha WINGへの対抗策ではないかと思われます

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』

超高速 Conoha WING

国内最速と評判の高速・高機能サーバーならConoha WING

こちらは、ベーシックプランで月額1200円からです

ベーシックプランでも、エックスサーバーより、もう少し高くなります

ですが、Conohaはおもいろい料金設定になっていて、ベーシックプランの場合は、1時間2円で、月に最大1200円なのです

継続して使う人は当然マックスの1200円になりますが、途中でやめたい場合は使った時間分1時間あたり2円を払えばよいという料金になっています

初期費用無料!最低利用期間無し!国内最速・高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

レンタルサーバー比較

レンタルサーバー ディスク容量 長期+バックアップ
ロリポップ!ライト 50G 550円 WebDav
ロリポップ!スタンダード 120G 800円 WebDav
ロリポップ!ハイスピード 200G 1000円 高速・WebDav
mixhost 150G 880円 高速・WebDav
エックスサーバー 200G 900円 高速
Conoha WINGベーシック 200G 1200円 高速

安くて使いやすいサーバーから始めて、ステップアップしていくのがよいと思います

(バックアップも最初のうちは自分でやることもできます)

ロリポップ!