試してみてもいいけど自分次第だよね
WordPress

WordPress Post Snippetsプラグインでショートコードを埋め込む方法

WordPressで、PHP関数をショートコードを使って埋め込んで呼び出す方法を以前、記事にしました

Post Snippetsプラグインを使って、PHPをショートコードにして呼び出すこともできます

Post SnippetsプラグインでHTMLやPHPコードを登録

Post Snippetsプラグインは、HTMLや定型文を登録しておいて使うのに便利なプラグインです

同じHTMLや定型文のコードを何回も使いたいときに、Post Snippetsに登録しておけば、簡単に呼び出して使うことができます

ショートコードとして登録しておくこともできて、ショートコードで登録したものを呼び出して、記事などに貼り付けた場合は、Post Snippetsに登録してあるコードを変更すれば、ショートコードで埋め込んだところにすべて一気に変更が反映されることになります

このPost Snippetsですが、HTMLや定型文だけでなく、PHPコードを登録することも可能です

ショートコードにしておいて、PHPコードとして登録すれば、ショートコードで貼り付けたところで、PHPを実行することができるようになります

function.phpにショートコードを登録しておかなくても、PHPが実行可能です

Post SnippetsプラグインでのPHPコード登録

こちらは、Post Snippetsプラグインにadd_php_shortcodeという名前で、Snippetsを追加したものです

「ハローワールド」と表示して、valueという変数の中身を表示する簡単なコードです

 

Post Snippetsプラグイン PHPコードの登録

Post Snippetsプラグイン PHPコードの登録

Post Snippetsプラグインの設定で、Variablesに変数「value」を入れて、Sortcode Optionsで、PHP Codeを選択すれば、上記のコードがPHPコードして登録されて、このSnippetをショートコードして使えるようになります

 

Post Snippetsプラグイン PHPコードの設定Post Snippetsプラグイン PHPコードの設定

 

記事の編集画面で、Post Snippetsの登録コードから、このSnippetを呼び出すと、valueに値を入れられて、ショートコードを記事に貼り付ける(Insert)ことができます

 

Post Snippetsプラグイン PHPコードの呼び出しPost Snippetsプラグイン PHPコードの呼び出し

 

こちらがInsertして、記事にショートコードを貼りつけた状態です

これで、ハローワールドとvalueに設定されている値が表示されます

こちらが、引用枠内に上記のショートコードを入れてPHPコードを実行した結果です

 

ハローワールド
Value:明日は晴れですか?

 

このように、Post Snippetsプラグインを使えば、簡単なPHPコードなら、ショートコードにして埋め込むことができますし、PHPコードに渡す変数の設定も可能です

変数はカンマ区切りで複数設定することも可能です

Post Snippetsプラグインの登録枠内に大きなPHPコードを書き込むのは、かなり扱いにくいと思いますので、短い簡単なPHPコードに限られると思いますが、簡単なものなら、function.phpに追加したりせずに、PHPコードを使うことができます

PHP関数をショートコードで埋め込む

こちらも参考にどうぞ

しっかりPHPで関数を作って、ショートコードで埋め込むのであればこちらです

WordPressショートコード自作 投稿や固定ページ内でPHPを実行する