WordPress

WordPress記事投稿とTwitter連携のプラグイン

WordPressで記事を投稿したら、Twitterと連携させてツイートするようにしているブログがあります

いくつかSNS連携を行うプラグインを試してみました

WP to Twitter

最初は、WP to Twitterというプラグインを使ってみました

しかし、このWP to Twitterプラグインですと、アイキャッチ画像とした画像がツイッターには表示されませんでした

ツイートには画像も入れたいと思いましたので、もっとよいプラグインがないかと他のプラグインを探しました

NextScripts: Social Networks Auto-Poster

次に使ったのが、NextScripts: Social Networks Auto-Posterです

このNextScripts: Social Networks Auto-Posterプラグインは、アイキャッチ画像がツイッターに表示されます

WordPressの記事投稿画面に、このプラグインでツイートする文字列を記入する枠が出てきます

記事名やURLなどはあらかじめ入っていますので、そのまま投稿することもできますが、文章を付け加えたり、ハッシュタグを付け加えることもできます

ただ、NextScripts: Social Networks Auto-PosterのTwitter自動投稿機能についてなのですが、Auto-Posterという名前ですし、自動投稿プラグインのようなで、ツイッターへ自動投稿してくれるという説明書きがあったのでけれど、自動では投稿してくれないことが多く、なぜかたまに自動的に投稿されるという感じでした

なので、記事を公開してから、記事の投稿画面の、NextScripts: Social Networks Auto-Posterのところでクリックすることでツイッターへの投稿もできるので、しばらく手動クリックでツイッター投稿していました

ぽちっとクリックすると、windowが出て、ちょっとするとSuccesと表示され、ツイッター投稿が完了します

Jetpack by WordPress.com

そして、いま使っているのはJetpack by WordPress.comです

Jetpack by WordPress.comは、その名のとおりWordPress.comが提供しているプラグインです

SNS連携だけでなく、サイトの統計情報・アクセス解析や、画像の最適化、画像読み込みの遅延設定、共有ボタンやいいねボタンの設置、関連コンテンツ表示、XMLサイトマップ生成、グーグルサーチコンソールやBing Web マスターの認証設定ができるプラグインです

有料版にするとグーグルアナリティクス連携やバックアップ、SEO設定などもできる便利なプラグインです

ツイッター連携は共有設定のパブリサイズの接続でソーシャルメディアについての設定を行います

FacebookなどのTwitter以外のSNSとの連携設定もできます

一時期はGoogle+と連携してみていましたが、Google+のサービスが終了するので、今はソーシャルメディアとの共有はTwitter連携だけにしています

WordPress記事投稿するときに、記事投稿画面内にあるバブリサイズ接続の設定枠の中で、ハッシュタグなどを追加記載を行って、Twitterには自動投稿しています

記事名やURL、アイキャッチ画像は自動的にTwitter投稿の中に含まれますし、記事を公開すればちゃんとTwitter自動投稿もされています

 

インストールするプラグインはなるべく少なくしたいので、今はJetpack by WordPress.comです